豊胸の種類

豊胸には大きく分けて3つの方法があります。
ヒアルロン酸注入、脂肪注入、バッグ挿入法です。
それぞれにメリットとデメリットがあり、また相場も内容により違ってきます。
ヒアルロン酸注入のメリットは、アレルギーの心配が少ないのと、少しずつ大きくすることができる点です。デメリットは、効果が短い点と、しこり等の後遺症が残る可能性があるという点です。

脂肪注入のメリットは、拒絶反応やアレルギーの心配がなく安全性が高いところです。デメリットは、一度に手術できる量に限界があり、医師の高いスキルが必要な点です。
バッグ挿入法のメリットは、大きくバストアップができる点と長期間の効果が期待できる点です。デメリットは、シリコンバッグの変形や収縮、破損などで強い痛みを伴うことがあるところです。

豊胸を実現するために脂肪注入を行う

バストアップをしたいと思っていて、補正の下着をつけたり、毎晩マッサージをしている人も多くいるようです。それでも成果を得られないようで、バストの小ささを悩んでいるような人も存在します。そのような人に是非、おすすめしたいのが美容整形の一つである豊胸術になります。

この施術をおこなうことで、バストアップがすぐに可能になりますので、人によっては大きな効果を得られる人もいることでしょう。さまざまな方法があり、脂肪注入やヒアルロン酸注入、シリコンバックの挿入などがありますので、より適したものを選んでいきましょう。

最大注入量と美容整形の豊胸術について

基本的に豊胸術は両方の胸に施術を行う必要があります。また、豊胸術では脂肪やヒアルロン酸などを注入する事でボリュームを出す方法が主流となっている様です。それらの豊胸術においては、最大注入量が決められている場合もあります。

豊胸術で少しだけ大きくする程度であれば気にする必要はありませんが、大幅なサイズアップを希望する人の場合には、最大注入量に注目する必要があるでしょう。豊胸術の方法により、かなり大きくする事もできますが、その場合には全身として考えた際に、少し不自然となってしまう可能性などもありますので注意が必要となります。他の部分とのバランスについても考える必要があるでしょう。

分けて支払う事ができる美容整形の豊胸術

何と言っても豊胸術は手術であり、また保険適応がされませんので、すべての手術費用を自分で支払わなくてはなりません。社会的に考えると、豊胸術の費用は安いとは言えない場合が多いと思います。また、豊胸術の費用については、選ぶ施術方法によっても変わってきます。

高額な場合には、豊胸術の費用を分けて支払う事ができれば、無理なく支払う事ができます。豊胸術を受けるまでに費用を捻出する様にするだけでなく、分割支払いを利用できれば、手術が受けやすくなります。美容に関する手術は芸能人やモデルだけが受けるのではなくて、誰にでもチャンスがあります。金銭面の悩みを抱えている人にとってはいいシステムでしょう。

リピートする人もいる美容整形の豊胸術

ずっと効果が続く豊胸術であれば、何度も施術を受ける必要はありませんが、効果が途中でなくなってしまう場合には、元に戻ってしまった時点においてまた豊胸術を受ける必要があります。豊胸術はリピートする人もいます。夏には露出のあるファッションを楽しみたい、または結婚するのできれいでいたいという場合には、その前に豊胸術を受けておくのもいいでしょう。

豊胸術は受けたいタイミングで利用する事ができます。何度も施術を受けるというのは手間も必要となりますが、万が一嫌になってしまった時には、そのままにしておくと、次第に元に戻るので過度に心配する必要はありません。利用しやすい施術と言えるでしょう。

美容外科kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 – 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/
http://www.d-biyou.com/michelangelo/
http://bust.k-biyou.com/
http://nose.k-biyou.com/
http://eye.k-biyou.com/

脂肪吸引、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。Vaserによる脂肪吸引、豊胸が特色。

美容整形においてTVで取り上げられることもあります。

関連

MENU

TOP  豊胸術  豊胸  脂肪吸引  美容整形  脱毛  プチ整形  豊胸手術の方法  美容整形について  脂肪吸引について  豊胸